読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりこさんの発達障害日記

発達障害(アスペルガー+ADHD)+ACの女性の生き恥ブログ。ルサンチマン

私が東京を嫌いな理由

久しぶりに東京にいる父から電話がかかってきました。

やれ東京に帰れだの、東京は一番素晴らしい土地だの、東京は稼げるだの

俺の思う東京最高!!論を聞かされて反吐が出そうです。

 

私は東京が嫌いです。

まとめて整理しながら語ります。

 

◆人が多い

私は人が多い場所が何より嫌いです。

背が低いため(150cmです)絡まれたり暴力振るわれた経験があるため人=警戒するべき対象でしかありません。

そのため人ごみも嫌いですし、知らない若い人が集まるイベントなどは絶対行きません。池袋・新宿・渋谷は当時東京に住んでても絶対行きたくなかったです。

どこ行ってもかずのこのように人が多くわらわらしてる場所は疲れます。

 

◆能力のない人間は死しかない

東京で成功するには外見が平均か上、かつ高学歴や地頭が良い人、かつ年齢問わずコミュをとれる最低限のコミュ力があり、いざとなればいじめ側に周ることの出来る人間は東京のがチャンスに巡り合える確率が高く東京でやりたいことや、楽しめることを見つけて毎日が楽しくなります。

しかし能力がない、または外見に何らかの不具合がある人間は一転して地獄になります。

東京の人間は完璧で礼儀正しいとどこかで見ましたが、それは対等かもしくは目上の人間に対してだけです。

下と見なされたが最後、ここぞとばかりにどこにもぶつけることのできなかったストレスのはけ口にされ、食い尽くされます。

 

私の感覚では東京はアメリカのNYと同じです。

最低限の外見を持ち、能力がある人間には何よりも刺激的で、エキサイティングで、楽しい街。

しかしそれを持ちあわせていない人間には過酷で冷たい街です。

 

私の見た範囲では上京してバリバリ活躍してるのは発達障害でも成功例に一致している人のみです。職の不一致などで辞めた人は田舎に帰った人もいます

(某病院で田舎に帰った人の話を聞きましたが田舎のが仕事は楽です。私も地方に来て仕事が東京と比べると少し楽だと感じます)

 

◆値段とご飯の旨さが比例してる

安くてうまいものは東京にはありません。

大抵はいつもの飯はチェーン店がねだん的に手ごろで味も許せる範囲でうまいです。

大金を出さないと本当に美味しい物は食べれない。

ただそういう場所は人が多いことがザラで落ち着いて食べられない。(本当の高級店池場違うのかもしれませんが…)

築地に行ったことがありますが、旨いことは旨いのですが1時間待ち、ぎゅうぎゅうの店内、高い値段であまり値段相応の価値は感じなかったです。

それよりも地方で取れたれのさしみや地元で取れる食材を安く食べる方が私は幸せです。

前述した金を稼げる能力のある人間以外は最高の食べ物にありつけるチャンスが少ないのです。

 

◆最先端の流行に興味ない

人の多さの方が気になる神経質でメンタル弱い私は行くだけでも疲れます。

それと外に出て何かを見るより、人がいない場所へ行ったり、家で過ごす方が好きなのでイベントなんてあると「混むかなあ…」と思ってしまうくらい嫌。

 

◆オシャレが好きでない

大学生くらいは好きでしたが、社会人の制限された服装が正直好きでないことと、背が低いとアラサーのオシャレ自体楽しくなくなるため外に出て「見て見てー☆私が一番可愛いのー☆(ドヤア」とおそ松のトト子並みに自分可愛い☆と思い込むような気分にもなりません。

 

◆友人がいない

上記のような状況でも友人がいればどうにかなったとは思うんですが、私の数少ない友人たちは皆結婚して疎遠、もしくは仕事で成功して忙しい日々を送っています。

私自身も社会人になる前はバリバリ働くと思ってたので働けない無能な自分が情けなく、また顔を合わせるのが恥ずかしいです。

 

このような理由から私は東京と相性が悪く、地味な生活を静かに送りたいために地方に引っ越しました。

今の場所は多少不便なところがあるにしろやはり楽です。

コンビニ、電車はあるし、いざとなればアマゾンに頼ります。

田舎過ぎないためDQNはまあ避けられるくらい少ない範囲だし、今までの東京にいた時の苦痛は何だったのか分かりません。

そのため私は東京に戻ることは一生ないでしょう。

親が死んでも。